探偵事務所の選び方 探偵を選ぶポイント | 探偵事務所 ― 浮気調査

浮気調査 行方調査 素行調査 信用調査 盗聴調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所ブライト トップページ

トップページ > 探偵事務所の選び方 > 探偵を選ぶポイント

浮気調査など各種調査が低料金の探偵社

探偵事務所の選び方 探偵を選ぶポイント

探偵を選ぶポイント − 探偵事務所の選び方


調査力

様々な探偵社のホームページを見比べていると、どこでも同じように見え調査力も同じように見えます。

しかし実際は探偵社により調査の質は全く異なるため、ホームページを鵜呑みにはせず実際に探偵社の人間に会って話をすることが重要だといえます。

探偵社の人間と話をする際に気をつけるところで、調査の成功率をどのように表現するかという点があげられます。

調査は対象者の行動に振り回されるため、対象者が調査日に合わせ行動してくれるかにより成否が変わることがあり、実績のある探偵社であればそのあたりのリスクについて丁寧に説明をしてくれます。

調査のリスクを説明せずに100%成功するなどと言うような探偵社であれば、果たして本当に調査力があるのか疑われます。

また調査で使用する機材も大きなポイントとなります。

調査ではスパイ映画まではいきませんが様々な機材を使用します。特に頻繁に使われるのは夜間調査を行う際の暗視カメラで、このような機材をそろえていない探偵社では調査力が格段に落ちるため、依頼する調査内容に応じて必要な機材があるかをあらかじめ確認する必要があります。

機器は性能とコンパクトさを兼ね備えた物でなければ調査に使用できず、特にビデオカメラを所持し尾行を行う場合にはカメラ自体のコンパクトさに加え、それを隠すためのカバンなどの装備も重要となります。

不自然に膨らんだバッグは対象者に気づかれるだけではなく周囲にも不審者と見られる可能性もあり、可能であればそのような装備もあらかじめ見ておきたいものです。


信頼

信頼を判断することは大変に難しいことだと言えます。

その判断にあたっては、やはり実際に会って話した時の担当者の印象や、ホームページで公開されている会社情報などを総合的に判断することが重要になります。

話をする担当者を観察する際には身なりや身のこなし、または相談員ではなく実際に調査を行う探偵が相談の応対をしていることも重要となります。

話を受付けるだけの相談員であれば調査現場に立つことが無いため、その話を信頼できるかは量りかねます。

現場に立つ探偵の話こそ説得力があり、調査方法の提示や見積もりにも信頼を寄せることができます。


価格

価格を元に探偵社を判断する際に重要なポイントがあります。

通常は相談の段階でおよその見積もりを出してもらうことになりますが、中には明確な料金説明を行わず、曖昧なままに契約を急がせる探偵社があります。

このような探偵社の場合、「直接お会いしてから見積もりを出す」などと呼び出して強引な手法で契約をとる可能性があり、特に注意が必要です。

また、見積もり価格が安すぎる探偵社も注意が必要です。

安いのは消費者側にとってありがたいことなのですが、安すぎる探偵社の傾向として、車両費などの実費は別に請求されるケースや、アルバイトに調査を行わせて人件費をおさえるなどのケースがあります。

しかしながら調査料金は高ければしっかり調査をやってくれるという訳でも決してなく、いづれの場合でも依頼をされる前に複数の探偵社に相談をし、費用対効果が適切な範囲内の業者を見比べて選定することになります。

調査料金に関しては選択する際の「要素」としては最初に選択するのではなく、「調査力」「信頼」の後の判断基準としたほうが賢明だといえます。


情報保護

近年、様々な業種で社内情報や顧客情報の漏洩が大きな問題になっています。

特に探偵社は依頼者様ご自身の個人情報を提供するため、情報保護に力を入れている探偵社でなければ安心することはできません。

基本的に探偵社であれば情報保護に力を入れているものですが、具体的にどのような対策がなされているか聞いておくことで情報保護に対するその探偵社の姿勢がよく判り、選別する上での1つの基準にもなります。


アフターフォロー

探偵社を選ぶ際に「アフターフォロー」に関してあまり気にされない方が多くおられます。

しかし法に絡んだ調査の場合は、調査結果を元にどのような対応方法があるかなど幅広い情報を必要する必要があり、そのあたりを含めアフターフォローまで行う探偵社を選ぶことは重要であるといえます。

例えば離婚調査の際に証拠収集だけで終了してしまう探偵社よりも、調査を受けてどのようにすべきか、話がこじれず上手く離婚する方法など、ご依頼者が知っておけば有利になる情報までフォローしてくれる方が良いといえます。

特に探偵社では浮気や離婚などの案件を数多く抱え、離婚に関わる問題では探偵社の持つ知識は大いに活用することができます。

弁護士や法律事務所などへの相談では安心感はあるものの相談ごとに高額な料金が発生してしまいます。もちろん最終的に離婚であれば弁護士の介入が必須となりますが、それまでの段階では探偵社の無料アフターフォローを利用されるほうが良いといえます。


まとめ

ご依頼者が調査依頼をする上で「安心」という重要な点があります。今までご説明した事柄を踏まえてご自身が「安心」できる探偵社を選別することになりますが、探偵社を選定する上でのもうひとつの基準に「大手企業」という点を上げる方も多くいらっしゃいます。

大手企業であるという点を基準とすることはたいへんに判りやすいのですが、大手には大手であるが故の弱点も少なからず存在します。大手であるが故に小回りが利かず、急な変更などに対応することができないことも多々あるのです。

具体的な選別方法
何社かの探偵社に電話及びメールで相談して見積もりを出してもらう
まずはおよその金額でだしてもらいます。もし出すことを渋る探偵社であれば除外したほうが良いと言えます。
調査力に関する質問をしてみる
ご自身が納得いくまで質問をしてみましょう。その上で相手の誠実さなどが見えてくると思います。ここでいい加減な態度をとる探偵社であれば除外したほうが良いと言えます。
契約関連や金額面での質問をしてみる
追加料金の発生やキャンセルに関しては特に聞いておく必要がある重要事項です。
ご依頼者様の判断
最終的にはご依頼者様の判断になります。納得のいく探偵社を選んで依頼をしてください。
探偵事務所ブライト お問い合わせ