盗聴・盗撮調査のポイント 盗聴調査・盗撮調査 | 探偵事務所 ― 低料金

盗聴調査 盗撮調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所ブライト トップページ

トップページ > 犯罪対策調査 > 盗聴調査・盗撮調査 > 盗聴・盗撮調査のポイント

盗聴調査・盗撮調査など各種調査が低料金の探偵社

犯罪対策調査項目

盗聴・盗撮調査のポイント

本当に盗聴・盗撮されているか

盗聴調査・盗撮調査を行ううえで押えておくべきポイントがあります。

盗聴・盗撮といった行為は簡単にできるものではなく、その点について今一度、確認しておく必要があります。

家の中などに盗聴器や盗撮カメラを仕掛ける場合、外部の人間は立ち入ることはできないため「侵入する」という手順から行わなければなりません。

また携帯電話やテレビの電波が入りにくくなる現象も、しばしば盗撮・盗聴の根拠とされております。事実、盗聴・盗撮が行われている場所ではそれら電波が入りにくくなりますが、電波は他にも様々な理由で入りが悪くなるため100%確実だとは言い切れません。例えば近くに自宅より高い建築物が建てられた時や、不法に周波数の高い電波を使用した無線局が近隣にあった場合も同様の現象が見受けられます。

周囲の人間が個人情報を噂として話しているケースも根拠として挙げられます。これに関しても盗聴・盗撮が間違えなく行われているとは言い切れません。偶然に話が漏れたかもしれないし、携帯電話を覗かれたのかもしれません。

盗聴調査・盗撮調査はやはりある程度のお金がかかります。

情報が漏洩している場での生活は気持ちが悪く、一刻も早く調査を行いたいものですが、それが果たして本当に盗撮や盗聴によるものなのか、違った原因によるものなのかはきちんとした検証を重ねる必要があります。

弊社ではお客様のご要望をお聞きし、具体的な事例を上げ盗聴・盗撮の事実があるかどうかを詳しく聞き取り調査を行い、余計なコストがお客様にかからぬよう細心の注意を払います。

盗聴調査・盗撮調査トップに戻る 盗聴調査・盗撮調査トップに戻る

探偵事務所ブライト お問い合わせ