盗聴・盗撮調査のリスク 盗聴調査・盗撮調査 | 探偵事務所 ― 低料金

盗聴調査 盗撮調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所ブライト トップページ

トップページ > 犯罪対策調査 > 盗聴調査・盗撮調査 > 盗聴・盗撮調査のリスク

盗聴調査・盗撮調査など各種調査が低料金の探偵社

犯罪対策調査項目

盗聴・盗撮調査のリスク

盗聴・盗撮を疑っていることを隠す

盗聴調査・盗撮調査を成功させるうえで押さえておくべき注意点があります。

室内に盗聴・盗撮器が仕掛けられていた場合、常にこちらの情報が筒抜けになっています。

監視されている中で盗聴・盗撮疑念を持っていることをご友人に話したり、チラシやネットで探偵社のページを見ていればこちらの異変を犯人に気づかれてしまいます。

異変に気づいた犯人は違法行為の証拠を隠滅しようと考え、再びあなたの部屋に侵入して盗聴・盗撮器を持ち去ってしまいます。

そうなれば当然に調査は行なわれても犯人も捕まりません。ところが犯人はそれで終わらせることはせず、しばらく時間を掛けてほとぼりを冷ますと再再度あなたの部屋に仕掛けようと侵入を企てます。

盗聴・盗撮に疑念を持っても決してそのことは口にせず、安全な場所から探偵社にコンタクトを取るように注意してください。


周囲の人間に気をつける

調査以前・調査中は周囲の人間に気をつけてください。

盗聴・盗撮器を誰が仕掛けたか判らない段階で周囲にその事を話すことは大変に危険で、焦った犯人は違法行為の証拠を隠滅しようと考え、再びあなたの部屋に侵入して盗聴・盗撮器を持ち去ってしまいます。

また犯人は証拠隠滅だけでなく証人隠滅まで企図した場合、あなた自身に危害を加えて黙らせようとすることもあるため注意が必要です。


加害者と接触しない

調査が終了し犯人が判明した後でどのような対応をとるか、対応次第では危険が増す場合もあります。

以前弊社で扱ったケースで、判明した盗聴犯がご依頼者様の親しい友人だった事から、話し合いで丸く治めようとしたそうですが、友人が逆切れしてその後ストーカーになってしまった、ということがありました。

弊社が基本的に警察への通報を進めている理由のひとつがここにあります。

盗聴・盗撮を行なった時点で犯人は一般的な社会通念と大きく異なる違法行為を犯しており、そのような人物に情けを掛けてもあまり良い結果にはなりません。

あまりに自分に近い人間が犯人であれば対応に二の足を踏み情けを掛けてしまうものですが、まず何よりも大切なのはあなたの安全であり安心できる毎日の生活なのです。

どのような対応をとるべきかはよくよくお考え下さい。

盗聴調査・盗撮調査トップに戻る 盗聴調査・盗撮調査トップに戻る

探偵事務所ブライト お問い合わせ