浮気調査のリスク 浮気調査 不倫調査 | 探偵事務所 ― 低料金

浮気調査 不倫調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所ブライト トップページ

トップページ > 一般調査 > 浮気調査 > 浮気調査のリスク

浮気調査 不倫調査など各種調査が低料金の探偵社

浮気調査 不倫調査

浮気調査のリスク

浮気調査における家庭内のリスク

浮気や不倫に対し調査を行う際にリスクは少なからず発生します。

離婚を前提とせず元の仲に戻ることを目的とした場合でも、配偶者と話し合いをする際には浮気の証拠画像を配偶者に提示することになります。

配偶者からしてみれば自分の行動が監視されていた事を快く思わず、余計な争いが生じる場合もあり、離婚せざるを得ない状況に追い込まれる可能性があります。

また、家族や親類内に調査を行うことに対し抵抗を感じる方がおられることも多々あり、調査を依頼する際にはそれらリスクを考えねばなりません。


調査におけるリスク

浮気調査は大変にデリケートであり、常にうまくいくとは限りません。

特に難しいのは「浮気を行うのは対象者の気分次第」であるため、調査日に対象者が浮気を行わず探偵社が証拠を押さえることができなくても、それが探偵社のミスとは言えません。

対象者に調査が気付かれるという事はまずありませんが、探偵が不審者として警戒されてしまうこともあり、その場合は深追いせず切り上げるなど措置をとる場合もあります。

また警戒している対象者には簡単には近づけず、遠巻きに尾行したり、時間を置いてから調査を再開したり、その他異なる手法での調査に切り替えることもあります。

最近多い事例では、女性対象者が通勤電車で女性専用車両に乗り込む場合で、男性のみの調査員チームでは対処することができません。また男性対象者であっても徒歩尾行中にいきなりタクシーに乗られた場合には調査続行が不可能となります。

浮気調査トップに戻る 浮気調査トップに戻る

探偵事務所ブライト お問い合わせ