行方調査の注意点 行方・失踪調査 | 探偵事務所 ― 家出 失踪 低料金

行方調査 失踪調査 家出調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所ブライト トップページ

トップページ > 一般調査 > 行方調査 > 行方調査の注意点

行方調査 失踪調査 家出調査など各種調査が低料金の探偵社

失踪調査・行方調査

行方調査の注意点

失踪から調査依頼までの時間

対象者の失踪から探偵社に調査依頼するまでの時間は短ければ短いほど調査の成功率は飛躍的に向上します。

警戒感が強かったり行き先をしっかりと決めていない失踪者は最初に移動した場所にいつまで滞在するかはわかりません。常に移動を繰り返す失踪者もいるため、その足跡を辿るのであれば早ければ早いほど失踪者に到達する確率が高くなるのです。

これは警察に捜査を依頼する際も同じであり、依頼者の初動行動の如何によりその後の結果に大きな影響を及ぼします。


失踪者の情報収集

調査を依頼する前に事前に情報を集める必要があります。

情報がなければ調査範囲は無限に広がり、いくら時間とお金を掛けても到底相手を見つけ出すことはできません。また有力な情報を収集することができれば、探偵社に依頼するまでもなくご自分で見つけ出すことができる場合もあります。

必要となる情報は行方調査情報シートにまとめられておりますのでご確認ください。

これらの情報から有用なものを選り分け、分析を重ねた上で現在の居住地域を狭めていきます。


失踪した理由は把握しているか

失踪や行方をくらますといったことは簡単に起こることではありません。もちろんケースにもよりますが、失踪者は悩んだ末にとてつもなく大きな決断として失踪を選んだのです。

調査の結果で対象者を見つけることができても、そもそもの失踪の理由を押さえておかなければ根本的な解決はなされません。

何がそうさせたのか失踪の理由を探り出すことは居場所の調査と平行して行う必要があり、調査後に対象者と話し合いをする際にはこちらの側から前向きな話し合いを行うように心がけ、相手の違法行為は別にしてこちらも妥協ができる点は妥協するようにしなければなりません。


対象者に近い人物に気をつける

違法行為などネガティブな理由で失踪をした対象者の場合、追っ手の存在を警戒し追跡される事を嫌います。友人や親族などの仲間に自分への追求の手が伸びているかを確認させることもあり、下手に対象者のことを嗅ぎまわると情報が相手に漏れる可能性もあります。

対象者に近い人間や仲間であると考えられる人間への接触の際には、相手に疑いをもたれないように警戒し、場合によっては情報収集

行方調査トップに戻る 行方調査トップに戻る

探偵事務所ブライト お問い合わせ