失踪・行方不明お役立ち情報 | 探偵事務所 ― 失踪・行方調査 低料金

浮気調査 行方調査 素行調査 信用調査 盗聴調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所ブライト トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 失踪・行方不明お役立ち情報

失踪・行方調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

失踪・行方不明お役立ち情報 − お役立ち情報

失踪・行方不明に関するお役立ち情報

失踪や行方不明となる原因から、自分でできる調査、警察への相談方法、また失踪者を発見後に相手と話し合いを行う際に注意すべきことなどをご紹介致します。

失踪・行方不明とは 失踪とは対象となる人の行方が判らず、連絡が途絶え、消息や安否が不明になることを指します。
失踪の兆候を調べる 人は失踪に至るまでに様々な兆候が肉体面や精神面に現れるため、よく見ることで判る事があります。
自分でできる調査 失踪者は失踪する際に、ある程度の計画を立てるため、対象者の部屋を探る事で情報を掴む事ができます。
失踪の現状 2006年に発表された年間の行方不明者数は10万人にものぼりました。これは驚くべき数字だといえます
失踪の種類 行方不明・失踪の種類は様々ありますが、その傾向は性別や年齢などの要因により多少の違いがあります。
失踪の傾向 平成17年度の連れ去り・誘拐事件の被害者は82%が女性で、そのうちの37%が13歳以下の女児にあたります。
捜索チラシの作成 チラシ作成にあたっては、まずは「捜索願」を届け出た担当の警察署に相談しましょう。
警察への相談 通常、失踪や行方不明が判明したら警察に相談し、捜索願を提出したうえで捜査に着手してもらう事になります。
捜索願の出し方 捜索願とは「家出人捜索願」のことを指し、失踪者の家族や親類などの関係者のみ提出する事ができます。
警察捜査の限界 平成18年度に受理された年間の家出捜索人は89,688人となり、とてつもない数の方が行方不明となっています。
未成年者の家出 家出とは未成年者が両親に無断で家を出ててしまい、短ければ数時間、長ければそのまま失踪し戻らないことを指します。
誘拐から子供を守る 誘拐事件は毎年200件以上も発生しています。報道が少ないため誘拐事件に関する認知度は低いといえます。
裁判所の失踪宣告 失踪宣告とは、行方がわからず生死も不明な人間にかかわる法律関係をいったん確定させるための制度です。
失踪者発見後の対応 失踪は通常の状態ではおこらず、どのようなトラブルが生じているのかも考えなければなりません
探偵事務所ブライト お問い合わせ