激安探偵社の仕組み

探偵社の選び方で少しでも不安を抱いている方がいたらこの記事を参考に、いったん検討してから依頼をしていただきたい。
探偵事務所はあなたの街にも多く存在していて、探偵事務所ごとに料金が様々です。

一日の調査料金相場
  • 大手探偵社=25万円~ ※別途経費+成功報酬
  • 中小企業探偵社=15万円前後 ※経費込み+成功報酬
  • 激安探偵社=5万円~ ※経費別途+成功報酬

このように、同じ依頼でも探偵の調査料金にはバラつきが生じます。大手だからと言って安心してはいけないし、安いから悪い探偵社だという事ではありません。
それぞれのメリットと仕組みを見てみましょう。

大手事務所が高い理由

探偵の調査が高額になるのは、広告費や宣伝費に莫大な費用をかけている探偵社の特徴が必ずあります。
チラシやネット広告、今ではYouTubeの動画広告などもあり、広告に費用を出せば出すだけ儲けを出さなければ企業がつぶれてしまうのは、お分かりになるかと思います。
また大手事務所は抱えている従業員数も多く、求人広告に費用も掛かる為人件費も莫大な費用がかかります。
大手事務所は全国各地に事務所の数も多く、事務所面積も広いため、事務所の維持費も高額でかかります。
もちろん、広告費用をかけて、事務所も数多くあれば、問い合わせの数も桁違いで多いため、会社の利益も多く出るでしょう。
あと、大手事務所の場合、スタッフの人数も多いのですが、一日の問い合わせ件数が異常に多いので、調査員人数を確保する為、経験の浅いアルバイトの人数も桁違いに多いです。求人広告で時給が最低賃金で募集している探偵社などは、その分現場に入る新人の人数も多いと考えてみはいかがでしょう。

中小企業の事務所の金額が平均的な理由

  • 過度な広告費用を掛けない
  • 常駐している従業員が多すぎない
  • 事務所の数が適正

上記の理由の理由が多いです。そして、広告費や人件費などのランニングコストを極力減らす事で、ハッキリ申しまして会社の純粋な利益事態は
大手さんとなんら変わらないのが実情です。
さらに素人やアルバイトを使わず依頼をこなす事で、正確な調査と的確な提案、親身な対応をさせていただく事が出来ます。
従業員や調査員の質が高く、アルバイトよりも長年現場を経験しているプロの探偵さんが経営している企業が多いので、細部まで調査をぬかりなく受けてくれる印象があります。

激安探偵事務所のトリック

悪質探偵

激安探偵事務所でも広告費をたくさんかけている企業をよく目にします。「ゼロ円」の広告が目立つ誇大広告、一人2500円!業界最安値と謳っている探偵社。
この企業は安い単価の割に、広告をたくさん出しているのにはそれなりの理由がある事はお分かりになりますか?

実はトリックがあるんです。「一人2500円/一時間」をHP上で謳っていて、直接面談に来るように釣りを行って、
実際の面談では依頼者様の相談を聞いた上で「その現場は二人体制だと厳しいし、失敗したら意味がないから最初から四人態勢で行いましょう。車両は2台で」などの話の流れを作り、人員の水増し請求や日数を増やして契約をさせている事が殆どです。

でも実際は、二人体制で、四人人員を使っていない。
それが実態の業者もいるようです。

安い探偵社でも高い探偵社でも実際はクオリティに違いは無い

高額な探偵社でも、安い探偵社でも、中小企業の探偵社でも良し悪しはあるのです。
以前の記事でも書いていますが、お悩みを抱えているご相談者様の内容でベストな調査を提案してくれる探偵社を探す事が最も重要であり、担当者との相性も加味して、検討していただければ、依頼をする先を間違えずに安心して探偵に依頼する事が出来ると思います。
弊社では、強引な契約は一切いたしません。
また結果が出るか出ないかの判断や成功率についてもご相談の時点で十分ご説明させていただいております。
相談はいつでも無料です。
お気軽にお問合せください。